ぴかぴかマグパイ

とりとめのない日記

愛とヤケクソとヤケクソの愛

※この記事には映画「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」の重大なネタバレが含まれますので、アレだったらアレしてください。一応。

 

もう夏です!!

私が毎年楽しみにしている、東京ディズニーシー夏のスペシャルイベント・パイレーツサマーの詳細情報が公開されました。テンション上がりました。待ちきれません。なので、私にとってはもう今から夏です。

GWは「パイレーツサマーにとっておくぞ〜^o^」と称してお金を使うのは控えました。非常に、楽しみです。

 

ところで「パイレーツ」シリーズでの私の推しはバルボッサです。お察しください。

 

 

パイレーツサマーは毎年楽しみにしていて、これに関してはもうお財布がガバガバになっちゃうんですね。でもなんか、多少冷静になってみると、これって純粋な愛の他にヤケクソの気持ちもあるんじゃないかって思えてくるんですね。

というのも、私のパイレーツ歴はまあまあ長くて、記憶が曖昧なところもあるんですけど、2006年公開の2は映画館で観た覚えがあるので少なくともかれこれ13年の付き合いになるんですね。で、いつバルボッサ推しになったかというと、これも記憶が曖昧なのだけど、2011年の4公開時には推しの気持ちがあった事を覚えているので、バルボッサは最低でも8年は推しの座に君臨しているんです。

といっても、2公開時は私はまだまだ子供だったし、8年ずっと全ジャンルでバルボッサが最推しだった訳でもない、わりとフワフワにわかにわかに推してるジャンルです。しかしそれでも、パイレーツという作品とバルボッサという人物は10年以上、私の心の中に当たり前に存在していました。

そんな中で、問題の5作目。お前だよお前。最後の海賊。

公開前は6年ぶりの最新作ということで、そりゃあ楽しみでした。どのくらい楽しみだったかというと、公開日までにシリーズ全作を復習ヘビロテしたのはもちろんのこと、いてもたってもいられずインターネットでファンアートを漁り、自分でもファンアートを描き、英語のファンフィクを読んでは気合いで英語のコメントを送ったりしていました。そんな風にしっかり再熱させて、バルボッサが大好きだ、大好きだという気持ちをしっかり高まらせて、公開初日に映画館に駆け込みました。

なんということでしょう。

例えるなら、テンションが上がりに上がって50メートル飛び込み台に登ったはいいものの、いざ飛び込んだらプールの水が全部抜かれてた、みたいな。高飛び込みとかしないで、大人しくプールサイドから入水するだけならまだ傷も浅かったかもしれないのに。

 

まあそんな感じで最高の状態で推しがお亡くなりになるのを目の当たりにしたわけなんですが。

 

そこからなんですよね、パイレーツ関連のグッズに関して財布が緩み始めたのは。

もうなんか、面白いくらいに彼の死から立ち直れてないんです。日本公開からあと2ヶ月ほどで2年になるんですけど、未だにふと思い出してはとても悲しい気持ちになる。5自体は好きなんだけど、それだけに終盤のアレが、受け止めきれなくて仕方がない。

5の劇場グッズを買い漁ってる時は、「推しのグッズが出るのはこれが最後かもしれないから……」という気持ちが確かにありました。そして程なくして始まった初年度パイレーツサマーのグッズも色々と手を出し、パークに来園した時はスペシャルメニューをガンガン頼み、次年度パイレーツサマーでもそれが続きました。

私はバルボッサの事が好きです。残忍だけど哀しい、二面性を持つ魅力的な海賊である1が好き。最後に出てきて全てを持っていく2が好き。味方になると最高に頼もしい3が好き、屈辱を受けようとも生き残って執念の復讐を果たす4が好き、どこまでも海賊な5が好き。ジャックスパロウの魅力が不変性であるならば、バルボッサの魅力は変化する事だと思っている。変動する時代に適応し、生き残る。船を変え装いを変え、時に英国海軍に下ろうとも、海賊であることを貫く(狡)賢い男。

大好き、大好きなんだけど、私が今パイレーツサマーを楽しみに楽しみにしているのは、この大好きの気持ちの他に、彼が亡くなってしまってヤケクソになってる気持ちもあるんだろうなあと思って、ちょっと落ち込みました。

なんだかなあ。

 

推しの死から約2年経っても全然心理的な進歩ができていないので、この拗れてしまった気持ちとは気長に付き合っていきたいと思います。も〜これすぐに治すのは無理だわ。

そういうわけで、ヤケクソの愛で今年の夏も突っ走る。

 

 

ともかく、パイレーツサマーは今年もめいっぱい楽しみます!

なんたって、バルボッサという概念を三次元で味わうことのできる数少ない機会。パーク全体海賊モードなお祭り感も大好き。ハーバーショーも、推しに直々に海賊修行をつけてもらえるなんてどんな夢小説だよって感じですし(?)、運が良ければ推しに直々に水をかけてもらえるかもしれない。シャブじゃん。こんなん。去年は船長直々にジョッキで水をかけてもらい無事死にました。本当にありがとう。私の船長はバルボッサだよ。

今年のスペシャルメニューやグッズの詳細は5月中旬ごろ発表だそうなので、ワクワクしながら待ちます。

今年も行くぞ行くぞ行くぞ〜〜!

 

ヨーホー!!

 

推しを推して学位を取る

四月! 新学期です!

昨年度で授業で取るべき単位はもう取り切ってしまったので、今期は卒論準備をしつつ気になる授業をふらふら聴講するつもりでいる。

学校では英米文学をやってるので、社会に出て仕事とかに直接活かせる事を学んでいる訳ではないと思う。(英語は活かせるかな……話すのじゃなく読み書きばっかりやってるけど)

でも英米文学ってめちゃくちゃ興味がある事なので、今現在勉強はとても楽しい! 卒論も推し作品を題材にやる事になっている。当初は指導教員の先生に「このキャラクター(私の推し)はマイナーだしこれで卒論書くのはちょっと無理だと思うよ」と言われてたんだけど、昨年度一個論文を書きながら模索していったら、深掘りの余地が見つかったようでいつのまにか推しキャラで卒論を書くゴーサインが出ていた。わーい! 論文書くのはもちろんハチャメチャに難しいけど、題材が自分の好きなものなのでその辛さも緩和されるというもの。がんばるぞ〜

 

今学んでいることは仕事には役立たないかもしれないけど、オタク趣味に役立つことは確かですね。文学については大学に入って初めて小説の読み方を知ったようなドのつくにわかだけど、小説読んでてこういうメタファーがあるのか……と知るたびに自分の二次創作でやりたくてたまらなくなる。作品を読み取る上でも、キャラクター・ダブルをはじめとして色々使えるものを得られている。フォークナーの「八月の光」は本当に衝撃的だったなあ……

あと、英語! リスニング力はボロクソだけど英語の文章に触れる機会はとても多いので、そのおかげで英語のファンフィクを読むことに抵抗がない。海外ファンとも交流ができる! 日本だと私しか描き手のいない推しカプでも英語圏に手を伸ばせば推しカプファンフィクが読める!!、、!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!、!!!!!

 

取り乱しました。

 

社会人になっても同人活動を続ける気満々でいるので、より良いオタ活の為にインプットも色々していきたい〜

天秤みたいに

考えたことを書き留めるためのブログなので、何も考えずに生きてると全然更新しなくなりますね。

 

めんどくさいオタクであるのと運が悪いのとで、オタク活動の中でつらいこともたくさんある。

推しが死んだり、いつも推しの供給が少なめだったり、解釈違いに囲まれて息ができなくなったり。

けれどそれと同じくらい楽しい事もたくさんあって、好きな漫画家さんにとんでもなく貴重な機会を頂いてしまった事もあったし、自ジャンルで作風がめちゃくちゃ好きなファンの方に出会ったり、ふらっと立ち寄ったさほど大きいとは言えないジャンルに、ものすごい質で何百枚もお描きになってるファンが居たりする。

 

禍福は糾える縄の如しとはよく言ったもので、つらいことと同じくらい、というかそれ以上に甘やかされて生きているなあって、思いました。

 

推しは死んでほしくないけどな!!

 

共感は難しい

日記パート。

FGOでバレンタインイベが始まった! 今年からフルボイスだ! 大好きなスパルタクスのシナリオに声がついたのでさっそく聞いた。すごく幸せ。

私にとってのfateスパルタクスの正典は小説のFate/Apocrypha(アニメ?知らない子ですね……)なので、FGOのスパさんの解釈やキャラブレ云々についてはそれなりに思うところがある。思うところはあるけど、まあ、バレンタインはお祭りだから! 深いことを考えず、素直にお祭り気分を楽しんでいる。楽しいな。

メインストーリーの第2部第3章と、その配信に伴うモーション改修が最高だったので、もうこれ以上運営に望むものはない……ありがとう……とかなりの満足感を覚えていたんだけど、さらにボイス追加をしてくれて嬉しい。

解釈とか深く考えてはいけないんだ。これはソシャゲ向けにろ過されたスパルタクスなのだから。とっくに完結済みの原作のApocryphaスパさんの概念をふわふわと楽しめる。そう、ジェネリックスパルタクス。楽しいです。

日記パート終わり。

(下の「考えた事パート」を書いてから日記パートを書いたんだけど、テンションのギャップが大変なことになってしまった。懺悔。)

 

 

オタクをやってる。

 

ジャンルそのものや、推しキャラ、推しCP、という枠組みで測ると「多数派」に入れない事が多い。枠内の人口自体もそうだけど、自分の解釈や愛し方に誇りを持っているのでそこからさらに許容範囲を狭めている節もある。

ネットで探していてあまりに自分と同じ考えの人が見当たらないと、自分がおかしいのではないかと思いそうになることがある。そういう時は「自分は正しい、おかしいとしたら周りの方だ」という盲目なクソデカ自己肯定を握りしめる。そうしないとやってられない。

 

推しキャラや推しCPが被らないと寂しいけど、被ったとしてもその人の解釈にすべて納得できるとは限らないよな〜とも、ふと思った。なぜ共感するのがこんなにも難しいのだろう。見ている作品は同じなのに。

たくさんの人と作品への好きを分かち合いたいけど、自分の愛し方は大事にしたい。まず作品への愛があって、その次に分かち合いがある。分かち合う為に愛し方を曲げたくない。曲げられない信じるものがある。

 

だからまあ、いま共感を覚えられている素敵な人たちは大事にしていきたいと思う。

 

 

ドッペルゲンガー

日記パート。半年くらいじわじわ書いてた論文が出来上がりそうなので心が穏やか!

そしてここ何日かで味わいがいのあるコンテンツをたくさん摂取できて満足度も高い。

シュガーラッシュオンラインに、暁のヨナ最新話にヒロアカ最新話、各所で感想話したり呟いたりしたのでここでは割愛するけどとても面白かった。

日記パート終わり。

 

思ったけど、私はドッペルゲンガーみたいな、キャラクター・ダブルみたいな概念が大好きだ。

ある人物の中の葛藤が、2つの個体に可視化されて表れている、みたいな構図。

(キャラクター・ダブルについて参考→

Is "character double" a term of the literary criticism, and what is the definition of "character double"? | eNotes)

上に挙げたリンク先ではジキルとハイドがキャラクター・ダブルの例に挙げられている。

私が好きな概念は「ドッペルゲンガー」や「キャラクター・ダブル」と完全一致ではない気がする……?けど、かなり近いと思う。

 

つまりニコイチが好きだ。キャラクターAの無意識下の願望をキャラクターBが表している、みたいな。フロイトの「エゴ」としてのAと、Aの「イド」を体現するBみたいな構図。

 

フランケンシュタイン」において、人造人間がその創造主ヴィクター・フランケンシュタインの無意識下の願望を表しているという構図も好きだし、

僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE〜2人の英雄〜」で、デヴィット・シールドの願望を敵役のウォルフラムが(しばしば暴力的な形で)体現しているという構図(※個人の解釈です)も好きだし、

シュガー・ラッシュ:オンライン」でラルフがもう1人の自分と体面するのも良かった。

「ヴェノム」(2018)も良かった。

 

「このキャラとこのキャラって、別々の個体だけど実質同一じゃん……!?」みたいな、そんな構図が好き。という自分の性癖を発見した。自己分析(?)。

またそういう要素を見出せる作品に出会えるといいな。

緑色の目をした怪物はエモだ

そういえばこれは日記を書くために始めたブログだったので、あまり「読者」を気にしないで書いてていいやつだと思った。というわけで気楽にやっていきましょう。

 

2018年12月30日、Eテレ中村芝翫主演の舞台「オセロー」を放送していた。

「オセロー」のお話は一度も見たことがなかったんだけど、シェイクスピア作品は色々履修したいなと思っていたので折角だからと録画して見てみた。

 

結果…………今まで触れてきたシェイクスピア作品の中で、ダントツトツトツトツに"""エモ"""を感じた。ド好み。大好き。

 

黒い肌のムーア人であるものの、戦場での功績と誠実さによって名声を確立した主人公のオセロー……を陥れようとするオセローの部下イアーゴーが、ヤバイ。イアーゴーがオセローに対して抱く、嫌悪と嫉妬と欲望の入り混じったクソデカエモーションが、すごい。オセローを陥れる為に親友も妻もみんな手にかけてしまう怪物イアーゴーが、ヤバイ。

 

取り急ぎイアーゴー関連の論文を二、三読んだけど、動機のない悪だと言われる事の多いらしいイアーゴーの動機について論じたこの文でさらにエモを掻き立てられた。→http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/h-bunkyo/file/5586/20140521162904/kenkyukiyo32%2528Mito%2529.pdf

(水戸祥子(1997). イアーゴウの嫉妬 一一異質なるものへの嫉妬と嫌悪一一  広島文教女子大学紀要 32, 97-120)(特に107ページのエモさがヤバイ)

 

(ツイッターでイアーゴーのこのクソデカエモーションのエモみについて語ってる人はいないかと思って検索したら、イアーゴーという「キャラクター」ではなく前述の中村芝翫舞台でイアーゴーを演じた「ジャニーズ」の話で検索結果が埋め尽くされててガクーッとなりました。でも演技は素晴らしかったです)

 

映画化も見たいな〜と思ってインターネットでふらふら探してたら、いつものケネス・ブラナーおじさんがイアーゴー役をやっている版があるらしくて観たくなった。いずれ観たい。

 

こうやってのめりこめる作品に出会うととてもハッピーな気持ちになる! 今年も元気にオタクしていきたい。

 

蛇足。

せっかくなので太字やサイズ変更等々を使ってみようという最近の試み。普段はそういう装飾が一切使えないツイッターでばかり話しているので、こうやって手軽に強調できるのは新鮮だな……ツイッターなら"""強調"""とか書くところだ。(冒頭の強調「エモ」はツイッターの癖で「"""エモ"""」って書いたのちに装飾が使えることを思い出したのであんな風になりました)

201周年

年末に再放送をしていた、青春アドベンチャーフランケンシュタイン | NHK オーディオドラマ

私は「フランケンシュタイン」(原作)が大好きなので関連作品と聞けば軽率に履修している。このオーディオドラマも聞いてみました。

感想を一言でまとめると、

 

最高!!!!!!

 

深呼吸。落ち着いた。

今まで履修してきた「フランケンシュタイン」の各メディア化の中で、(朗読を除き)一番原作に忠実なんじゃないかな? という印象を受けました。

なのでめちゃくちゃ、感動しました。大好きですこのオーディオドラマ。

 

というのも、

何をもって「原作に忠実」とするのかは人それぞれだけど、私はヴィクターとエリザベス、ヴィクターとクラーヴァルの関係性が私の解釈に合っているかを一番に重視する。

ヴィクターは無意識的に結婚から逃げようとしてるといいし、ヴィクターとクラーヴァルが仲良しであればあるほどいい。

しかしこの希望が叶えられるメディア化っていうのはほとんど無い。特に映画化となると、ヴィクターのヘテロ的側面がすごく誇張されたり、エリザベスがかなり能動的になっていたり、クラーヴァルの役割が軽視されていたりする。ともすればクラーヴァルの存在が抹消されてたりする。

もちろん、いいメディア化もある。

2015年の映画版「フランケンシュタイン」(Frankenstein (2015 film) - Wikipedia)はクリーチャー視点の映画で、舞台が現代に移されたりクラーヴァルが存在しなかったりするけど、原作の持つメッセージ性をしっかりと継承しているので私は大大大絶賛してる。

伊藤潤二先生による漫画版「フランケンシュタイン」(Amazon CAPTCHA)は、後半の展開は大きな改変があるものの、かなりクラーヴァルを大事に描いてくださっててとてもよかった。

NTL舞台版「フランケンシュタイン」も大変良かったし。(詳しい感想はこっち→200年越しに愛を - ぴかぴかマグパイ)

 

そんな風に良いメディア化はたくさんあるけれど、クラーヴァルを原作のままに描いてくれるメディア化にはもう一生出会えないのではないかと思っていた。

そんな中で出会った青春アドベンチャー、オーディオドラマのフランケンシュタイン

すごい……すごいんです……クラーヴァルがちゃんと……"""居る"""んです……

感動しました。しかも、短い尺の中で原作での2人の仲の深さを端的に表すためなのか、ヴィクターとクラーヴァルが声を揃えてクラーヴァルの父親の口癖を真似してみたり、ロンドン旅行の際にめちゃくちゃはしゃいでいたりとオリジナル演出が加えられていて私は……

もちろんクラーヴァル以外の点としても、特にクリーチャーの語りは彼の苦しみがぐいぐいと伝わってきて涙を禁じ得なかった。

すごく、良かったです。こんなに良いメディア化に出会う事ができてよかった。再放送してくれてありがとうNHK

 

 

たくさんイベントが催された、「フランケンシュタイン」出版200周年は2018年で終わってしまったので、少し寂しさがある。

でもまあ、今年の終わり頃には「この50年で最も素晴らしいホラー画家の1人と世界的に評価される」Bernie Wrightsonによる挿絵付き「フランケンシュタイン」……のアーティスト・エディションなるものが出版されるらしい。(BERNIE WRIGHTSON’S FRANKENSTEIN Showcased in Upcoming IDW Artist’s Edition – IDW Publishing)

彼の挿絵は本当に美麗で、紙版が見つからなかったのでKindleで購入したのだけど、あまり画質が良くないので紙版が新しく出るのであればぜひ購入したいので、楽しみにしている。

あとは2020年にはミュージカルの「フランケンシュタイン」(日生劇場『フランケンシュタイン』)が再演されるらしい。初演を観た事がないので解釈が合うかは観るまでわからないけど、こちらも楽しみ。

今後も、新しい映画化等々が出るといいな〜!

200周年の年は終わってしまったけど 、これからも楽しんでいきたい。

 

フランケンシュタイン」に出会えてよかった。